妊娠すると気になる妊娠線は、どのような人にできやすいのか?

体重増加、乾燥肌は要注意

妊娠線・肉割れ専門のボディケアブランド-ノコア妊娠線・肉割れに浸透ケアセット

食べ悪阻で23kg増、妊娠線だらけのお腹に後悔 | 普段から保湿ケアをしておけば良かった | 体重増加、乾燥肌は要注意

出産では逆子だったことと、お腹の子どもが大きく育ったこともあり帝王切開になりましたが、産後に気が付いたことは、傷跡がケロイド上になる体質だったということです。
確かに転んでできる、ちょっとした怪我でもケロイドになっていましたが、ケロイドになる人は皮膚が弱い人に多く見られると聞き、より妊娠線ができやすい体質だったのではないかと思いました。
もし怪我をして傷跡がケロイドになる人は、妊娠したらより気をつけた方が良いでしょう。
妊娠線がどのような人にできやすいのか?は、自分の体験から言うと一番は体重を増やし過ぎた人、ただ単に太り過ぎると確実にお腹と太ももの皮が必要以上に伸びるので、妊娠線だらけになります。
そして自分のお手入れを面倒臭いとやらない人も後悔します。
細い体形の人は特に体重を増やし過ぎないこと、乾燥肌の人はいつも以上に保湿すること、肌が弱い人もいつもより気をつけること忘れずにしっかりお手入れをしていれば、妊娠線は予防できるでしょう。
私自身、出産の2週間前まで仕事をしていたのですが、産休に入る前までに仕事を片付けなくてはと必死になり過ぎ、家事もやらなくてはとあれこれ頑張り過ぎていましたが、自分自身に関しては元々ズボラで無頓着な性格だったこともあり、妊娠線なんてと二の次になっていました。
妊娠したら赤ちゃんのことと同時に、手を抜けるところは抜き、自分のことも大切に考えてください。